おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アンワーヤードな送電の物語。



さらばコードよ、タコ足よ。電気はワイアレスという新常識 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

・・・前略

ソリヤヂッチが考案した原理は「磁界共鳴式」と呼ばれる(テスラの着想とは異なるが影響は認めている)。それを彼はこんなふうに説明する。部屋のなかに水を入れたワイングラスがある。水の量はそれぞれ異なっていて、ゆえに異なる音響周波数でグラスは震える。その部屋でオペラ歌手がある音程で歌うと、音程と同じ周波数に設定されたグラスだけが震えることになる。部屋を磁界、オペラ歌手を送電者、ワイングラスを受信者と置き換えればいい。送受信側それぞれに組み込まれた共振回路が共鳴現象を起こし、電力が供給されるというわけだ。しかも、電気は共鳴し合う物体同士の間でのみやりとりされるため、間に立っても送受信が干渉されることもなければ、感電もしない。安全なのである。

実用化に向けてソリヤヂッチが動きだしたのは実験直後のこと。MITの支援を受けてWiTricity(ワイトリシティ)社を設立。翌年にはテレコム関連事業で財をなしたエリック・ギラーをCEOに迎えビジネスを飛躍させた。電気コードがあるところ、すなわちWiTricityのビジネスチャンスだ。09年にラスベガスの家電ショーで中国のHaier(ハイアール)社と組んで無線テレビを出品したのを皮切りに、現在まで50近いパテントをすでに申請するほか、今年4月には電気自動車とプラグインハイブリッド車向けの充電装置の開発協力のためトヨタ社と提携契約を結ぶまでにいたっている。
     ・・・ 続きを読む



イメージはわくものの、もう一つ具体的なこと(送られた側の電力の供給の仕組みとか)がわからなくて。

SONYのWEBに、もうちょっとだけ詳しくのってました。

Sony Japan | ニュースリリース | 磁界共鳴型を使った高効率な「ワイヤレス給電システム」を開発

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、電源コードを接続することなく、テレビなどの電子機器へ、離れた場所から高効率で電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発しました。このシステムにより、60Wの電力を50cm離れた電子機器に高効率(送電・受電デバイス間約80%、整流回路含み約60%)で給電することが可能となりました。

 今回開発した「ワイヤレス給電システム」には、磁界共鳴型の非接触給電技術を採用しています。磁界共鳴型とは、送電デバイスから供給された電力エネルギーが空間を介し同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する方式であり、デバイス相互の位置関係がずれていても高効率の給電が可能となります。また、送電・受電デバイス間に金属があっても、その金属が熱くならないという特長があります。
     ・・・ 続きを読む





やっぱ「電源変換」ってとこがミソのようですが・・・

あとレピータデバイスで距離を伸ばすことに。


なかなかいいですね。



web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.07.03 Sun l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
テストして、とりあえず確認できたので、紹介いたします。

Translate Twitter Tweets

にて、アプリ認証を行うと、
ハッシュタグをつけるだけで、翻訳してツイートしてくれます。

気軽でいいかもしれませんね。
なんか世界に向かってつぶやいてみたくなりました。




Language Hashtags:

Afrikaans #af
Albanian #sq
Arabic #ar
Belarusian #be
Bulgarian #bg
Catalan #ca
Chinese #zh-TW
Chinese #zh-CN
Croatian #hr
Czech #cs
Danish #da
Dutch #nl
English #en
Estonian #et
Filipino #tl
Finnish #fi
French #fr
Galician #gl
German #de
Greek #el
Haitian Creole #ht
Hebrew #iw
Hindi #hi
Hungarian #hu
Icelandic #is
Indonesian #id
Irish #ga
Italian #it
Japanese #ja
Korean #ko
Latvian #lv
Lithuanian #lt
Macedonian #mk
Malay #ms
Maltese #mt
Norwegian #no
Persian #fa
Polish #pl
Portuguese #pt
Romanian #ro
Russian #ru
Serbian #sr
Slovak #sk
Slovenian #sl
Spanish #es
Swahili #sw
Swedish #sv
Thai #th
Turkish #tr
Ukranian #uk
Vietnamese #vi
Welsh #cy
Yiddish #yi

こんなに言語が選べます。
便利そうですね。なんかますます世界が身近になりそうな予感です。


ハッシュタグをつけるだけで自動翻訳してつぶやいてくれるツールがすごいぞ・・・ | IDEA*IDEA
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.30 Thu l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
もう。
最近、WIMAXのモバイルルータ「AtermWM3500R」のファームウェアを2.0にしました。
なんかそれまでは問題なく使えていたのですが、急に繋がらなくなったり。

もとに戻そうかと想っていましたが、
AtermWM3500RのWEBを見に行ったら・・・

サポート技術情報|AtermStation

AtermWM3500Rで複数台の子機を同時に使用する場合、無線LAN通信ができなくなることがある件
AtermWM3500Rを、同時に複数台の無線LAN端末と接続する場合、ご利用環境によっては通信ができなくなる現象が発生いたします。
ご利用いただいているお客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。

対象機種

AtermWM3500R


現象

複数台の子機を同時に使用した場合、AtermWM3500RのWPA/WAP2の暗号化キー更新が適切に実施されず、無線LAN通信ができなくなる場合があります。

※ご利用中の無線LAN子機の数や種類など、お客様のご利用環境により異なりますので、すべてのお客様で発生するものではございません。

対処方法

本問題について修正対策を行なったソフトウェアを公開予定です。ソフトウェアの公開については、本ホームページであらためてご案内いたします。

ソフトウェアご提供までの対策として、以下の手順を行っていただくことにより、通信が行えるようになります。

通信ができなくなった子機の無線LAN通信の再接続や電源を入れ直すことによって、再度通信が行えるようになります。
AtermWM3500Rの「暗号化キー更新間隔」の設定値を「0分※」とすることで解消いたします。設定は、クイック設定Webより行ってください。
※本設定を行った場合でも、AES暗号化は従来のWEP暗号化と比べると非常に強固な暗号化アルゴリズムのため、十分なセキュリティ強度を保つことができますので、安心してご使用ください。

クイック設定Webを起動し、メニュー画面から、「無線LAN設定」-「無線LAN設定」-[暗号化]の「暗号化キー更新間隔(分)」で設定します。
「暗号化キー更新間隔」を変更しても解消しない場合には、「高度な設定」より、「無線LAN端末との通信設定」を「省電力優先」に変更してください。


設定を変更する際は、画面右下の[設定]ボタンを押し、画面左上の[保存]ボタンを押してください。


     ・・・ 続きを読む



って、おい!!

ファームを変えたからそうなったのかどうかわかりませんが、
最近、ipodtouchのつながりが急に悪くなって、
今日、とうとうPCまで繋がらなくなったり。

今はとりあえず繋がっていますが、
もしAtermWM3500Rを使っている方、繋がりにくいと想ったら、この対処法で治るかもしれませんよ。



web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.27 Mon l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
相変わらずきちんと記事を書く気力も余裕もなくて、
また別途書きます。

テザリングに関する記事とか、ちょっとたまってきたところもあるのですが、
余裕ができたらですみません。

で、速報ですが、先日、IS04をAndroidの2.2にアップデートしました。

で、とてもいい。とにかくいい。先入観もあるのかもしれませんが、
体感もよくなりました。

で、とっくに既出ですが、注意点。

1)アップデート時にソフトウェアアップデートを促されます。
  やれてない人はやらなければなりません。
  相変わらず遅い。二回目ですが、止まってフリーズしているかと想います。
  とにかく我慢。我慢。我慢。

2)そしてOSアップデートですが、たまにあるらしいのですが、
  再起動の際に キャンセルor工場出荷状態に戻すorOSアップデートの選択画面になる場合があります。
  間違っても工場出荷状態にしないように!!
  OSアップデートですから。

なんとなく、やっとスマホらしくなってきた気がする・・・



web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.27 Mon l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっとネットに接する時間に限界が来ていて、きちんとした記事を書けない日々が続いておりますが、ちょっと気になったニュースがあったので、logします。

グーグルの独禁法問題、「検索で消費者不利益」焦点に  :日本経済新聞

米連邦取引委員会(FTC)が反トラスト法(独占禁止法)に関連して米グーグルへの調査を開始、今後の展開はインターネット検索での高いシェアを不正に利用して他社との競争を有利に進めているかどうかの判断が焦点になる。同社は交流サイト(SNS)の普及で利用者側の情報入手が多様化していることなどを理由に、ネット検索分野でのシェアが「独占」には当たらないと反論する方針だ。

 調査過程の議論では、グーグルが出遅れたSNSなどが注目を集めそうだ。世界の利用者が5億人を上回ったフェイスブックをはじめとするSNSの普及に伴い、検索以外の方法で必要な情報を集めるネット利用者が急増。グーグル幹部もこれを踏まえ、24日にブログで「情報入手のためにはSNSや携帯端末向けアプリなど多様な手段がある」と強調した。

 反トラスト法違反の認定には「消費者が不利益を被っているか」が焦点となる。だが、グーグルが検索サービスで高いシェアを握ることに異議を唱えてきたのは米マイクロソフト(MS)など競合企業が中心。それだけに「消費者の不利益」を具体的に示すことは難しいとの見方もあり、提訴に至るかは不透明だ。

 市場独占を巡ってはパソコン用基本ソフト(OS)でMSが1990年代後半から米司法省と争い、和解に基づく監視期間が今年5月まで続いた。だがこの間にスマートフォン(高機能携帯電話)の普及などが進み、監視の意味は低下した。グーグルへの調査でも、独禁当局がIT(情報技術)業界の技術革新にどう向き合うかという課題が改めて浮上しそうだ。
     ・・・ 続きを読む



私の様な素人は、実際にネット広告等による収入のレベル感を肌で感じることができず、結局「便利なら何でもいいじゃん」とかになってしまうのですが、億以上の金が動くこの世界なのでシビアな戦いが続くのだとは想いますが、やはりフロンティアの意地、というか、プレゼンスの問題も当然あるのだと。

フロンティアになることは難しく、であるからこそ、当ればでかい。
フロンティアであれば独占になることは間違いなく、しかし技術の進歩によりその独占性も変化していく。
時間の流れによる技術の進歩が、独占性・・すなわち今回でいう「消費者不利益」という意味合いを変えていく。


で、消費者の意見って、誰視点なのでしょうかねぇ・・・

web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.26 Sun l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。