おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
東北関東大震災が発生して一ヶ月以上がたった今、
テレビ業界もそれなりに以前の姿に戻ってきました。

現在帰省している関西の自宅では、かなり前からそこそこCM含めて戻っていましたが、
あのACのCMの場合、TV局の収入はどうなったんだろう・・などと思っていましたが、
今日、記事を発見しましたのでのlogします。


「CM自粛」でテレビ各局打撃 減収額10億台も
引用元:IZA

405945_c185.jpg
大きな図へのリンク(配信元:IZAへ)

東日本大震災は、広告収入を頼りとする民放テレビ各局の業績にも影響を及ぼしている。震災直後のノーCM放送や、企業のCM自粛のため「減収額は10億円台後半」と見積もる局も。現在は通常CMが震災前の9割台にまで回復しているが、今後は節電で家電製品のCM減が予想されることなどから、「試練はむしろこれから」と懸念する声も強い。(三宅陽子)

テレビ各局は3月11日の地震発生後、24時間体制でニュースを伝え、CMなしの放送はテレビ朝日の74時間を最高に、TBS62時間、日本テレビ61時間、フジテレビ61時間、テレビ東京33時間にのぼった。

 CM枠が回復した後も、スポンサー企業の多くは自粛し、ACジャパンのCMに切り替えられた。CM総合研究所によると、CMは震災前に1日平均約4千回放送され、内訳は約5百社1千作品だったが、震災翌日には54回、19社30作品に激減。15日には4千回台に回復したが、ACのCMは22日までで「全体の約8割」という状況が続いた。

 ノーCM放送は基本的にテレビ局に広告料は入らないが、ACのCMは形としては企業側に配慮した差し替えであり、広告料の支払いについて「契約上はいただきたい」と放送局担当者は話す。だが、番組内容が予定と変更されているケースもあり、「支払額は今後の交渉になる」という。

 3月下旬の民放キー局の社長会見では、テレビ朝日の早河洋社長が「ノーCMによる減収は、10億円台の後半くらいになると思う」と表明。一方、年度末の短期間だったため平成22年度決算への影響は限定的との見方もあり、TBSの石原俊爾社長は「営業利益は確保できると思う」、テレビ東京の島田昌幸社長は「3月期決算自体はなんとか乗り切れそう」と語った。

 しかし、立教大の砂川浩慶准教授(メディア論)は「スポンサー企業は今後、新規の事業・サービスの立ち上げを控えるだろう。夏場に向けては節電で家電製品をPRできないケースも予想される。民放が受ける打撃はむしろこれから」と話す。また、「応援メッセージ風のCMが増えており、派手な宣伝は敬遠されるだろう」との声もある。

 CMがないNHKも震災の影響は大きい。被災した世帯・事業所の受信料6カ月間免除などで、松本正之会長は「少なくとも50億円規模の影響がある」と表明。経営計画では24年度からの受信料10%還元を掲げているが、「検討すべきものがかなり増えた」と慎重姿勢を強めている。



震災前もかなり収入減にて番組の内容が変化していったり、低価格番組をがんばってつくったり、それはそれでいい変化点だったのかもしれませんが、今回の震災でどうTVが変るのか、TV撮り溜め症候群の私にとっては興味があります。今クールではあまりチェックしていないせいか、どういうドラマ・バラエティーが始まるのかわかりませんが、注目してみたいと思います。

それと、この損失の補填、どう決着がつくのか・・・また確かに節電となってくると、家電のCMは流しにくい?それとも節電を推奨する家電CMが展開される? オール電化の宣伝とかどうなるのだろう・・・とか、難しい問題ですね。とにもかくにも経済はまわしていかないといけないわけだし。




関連記事
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.04.17 Sun l バラエティー的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tanshinbutsuyoku.blog.fc2.com/tb.php/89-2f427def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。