おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、新幹線で移動中の3時間弱の間、
ず~~~~~~~っと、メールのやりとりをしていました。
複数の案件を同時に走らせているが故、
ひとつの案件に返信を書いているうちに、もうひとつの案件から返信が来る。
ひとつのメールに宛先が10人以上あったりすると、
それぞれからどんどん返信が来る。
しかも違う案件だったりすると、もう頭が切り替わらない。
しかもそんな中で携帯に連絡があったりすると・・もう爆発。

企業経営しているトップマネージャーならまだしも、
私のような平社員が、なんでこんなことになるのだろう・・

愚痴はさておき、以前まで弊社は、外でのネット接続はPHSカードを使っていました。
遅いし切れるし、少なくとも新幹線の中では接続無理。
大きなファイルも送信無理。1MB以上なんてとんでもない。
無理だから、使わない。だから他のことができる。

しかし最近WiMAXに変わり、これがまたつながるつながる。
嫌になるくらい・・・(苦笑)
大きなファイルも送れる送れる。
嫌になるくらい・・・(もう笑っていられない)

なので、こんなことになるんですね。
プライベートなら、こういうシステムはありがたいのですが、
仕事ではきつい。でも、そういうことがやれるから、
午後からの会議でスピーディーな対応ができる。

さて、どちらがいいんでしょうか。

ということで、この記事を引用します。

業務連絡でのリアルタイム性を高める製品群、日本アバイアが提供
配信元:ITmedia

日本アバイアは、業務システムとコミュニケーションツールを統合させる「Avaya ACE」を発表した。通話やチャットなどを活用して業務連絡での伝達ロスを解消する。

 日本アバイアは3月4日、業務システムとコミュニケーションツールの統合を図る製品群「Avaya Agile Communication Environment(Avaya ACE)」の提供を開始した。コンピュータと電話を統合するCTIベースの開発に比べて、開発期間を約2割短縮できるとしている。

 新製品は、業務連絡の手段に通話やインスタントメッセージング、映像などを利用することで、リアルタイム性の高い情報伝達を可能にするという。業務システムとコミュニケーションツールの連携で業務効率を改善する「Communication Enabled Business Process(CEBP)」というコンセプトに基づくもので、旧Nortel Networksで開発した技術をベースに製品化した。

 製品を担当するソリューションマーケティング シニアマネジャーの能地將博氏よれば、業務システムでは業務プロセスに応じた連絡手段にメールが利用される場合が多い。メールでは相手に確実に連絡が伝わったかどうかが分かりにくい。連絡のメールが他のメールにまぎれて相手が見逃してしまう恐れもあり、このロスによって業務に支障をきたすことがある。

 CEBPはこうした課題をリアルタイム性の高いツールで解決しようとするが、業務システムとツールの統合を図る場合に、CITやSIPといった通信の専門知識と業務システムに関する知識が必要とされ、開発が長期におよぶケースが多かった。

 Avaya ACEでは、通信処理に関わる部分をWebサービスのAPIとして提供することで開発の負担を軽減させた。専門知識がなくても、一般的なプログラミング言語で業務システムとコミュニケーションツールを容易に統合できる点が特徴という。また、同社の他にCiscoやIBM、Microsoft、 Polycomのコミュニケーション製品でも利用できる。

 利用シーンは、業務内容やユーザーの目的に応じて多岐にわたる。例えば先行導入した米国の病院では、100種類以上ある医療キットの確認作業を改善するシステムとして採用した。従来は看護士が手作業で確認を行い、上長が最終確認を行うプロセスだったが、人為ミスが発生するリスクや最終確認を待つ間の時間的な損失を解消することを目的にシステム化した。

 構築したシステムでは、看護士がデータを入力し、その内容をコンピュータで管理する。入力漏れやミスが分かれば、直ちに担当した看護士に自動音声で緊急アラートを通知する仕組みで、Avaya ACEは、管理コンピュータと連携してアラートを通知する役割を果たしているという。

 Avaya ACEは、業務システムとツールを連携するための「Event Response Manager」、コミュニケーション製品へのアドオンツール、開発用ツールなどで構成される。同社では開発者支援サービスと、設計から運用までを支援するプロフェッショナルサービスも提供する。できるだろう。



関連記事
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.03.04 Fri l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tanshinbutsuyoku.blog.fc2.com/tb.php/26-10fb97f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。