おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
何となく意識はあるけれど、とても強烈且つ、
その方向性があっているのかどうかわからないのが、ちょっと怖いし、
かとって、記憶なんていうものは、HDDやメモリの中にあればいい話しなのかもしれないし、
必要なのは、その記憶をどう感情にフィードバックさせるか、という、
ある種のインターフェイスが重要になってくるのかもしれない。

米インターネット検索グーグルが、人々の認知や記憶行動に影響を与えているという研究結果が、米サイエンス誌で紹介されている。

 これは、米コロンビア大のベッツィー・スパロウ氏らの研究班が、それを確かめるために4つの実験を実施した。

 結論は、指を動かしてキーボードを操作するだけで物事を知ることができるようになると、物事の記憶そのものは強い動機をなくして曖昧になるという。

 その代わりに、その情報を再現するためには、どこに行けば可能かということや、どこに行けば情報が得られるかということに記憶の意識が向けられるということが導き出された。



海馬もチップ化されつつある昨今、攻殻機動隊の世界も近づきつつある反面、
本当に最近、電話番号を覚えなくなったり、漢字を覚えられなくなったり。
記憶能力の欠如が甚だしい・・・

まぁ、それは年のせいかもしれませんが。




グーグルが人々の記憶を変えた(米研究) | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) | 最上級を刺激する総合情報サイト | 1
関連記事
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.07.16 Sat l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tanshinbutsuyoku.blog.fc2.com/tb.php/170-5860adc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。