おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
中国出張のとき、いろいろと地震のことで聴かれたり、場合によっては規制を受けるかも・・とか心配していましたが、行った場所が「上海」という交易拠点であること、ある程度常識の通じる範囲(というより、気を使ってくれる相手が居るといった方がいいかも)にしか行かなかったことから、何の問題もありませんでした。

相手から「なんか日本のニュースってぜんぜんはいってこないよね」とか言われて、「日本に居てもそうなんです」なんて言っていましたよ。ホテルでも空港でも飲食店も、特に何もなかったです。


が、しかし・・・確実に日本の製品イメージは落ちている様です。

海外で日本製品イメージダウン 2011年度減収見込み企業、3割超え:株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine

東日本大震災の発生後、安全で信頼できると高い評価を受けてきた日本製品のイメージダウンが相次ぎ、企業の業績悪化を招いている。
東日本大震災発生から3カ月が経過しようとしているが、震災や原発の被害が世界に広くニュースで伝えられたこともあり、日本製品のイメージが海外で低下し、企業業績にも影響を与えている。

 インターブランドジャパンは、米国のニューヨーク、英国のロンドン、中国の上海に居住する20代から50代の男女を対象にして、4月末から5月初旬に意識調査を実施した。その結果、「日本製品は信頼できる高品質なブランドだ」との回答者は全体の38%にとどまった。震災前の調査時には、半数以上の回答者が、日本製品を安全でクオリティーの高いブランドに挙げており、震災後に大きくイメージダウンした様子がうかがえる。

 業種別に見ると、食品、飲料、化粧品、トイレタリーといった分野において、「震災後は以前ほど日本製品を安心して購入できないと感じている」との意識を示した回答者が全体的に増加し、特に中国の消費者の日本ブランドへの信頼失墜が大きく目立つ結果となった。

 電化製品、アパレル、自動車といった製品分野でも、震災後に日本企業の製品を敬遠する動きが強まっている。震災前後で日本製品へのイメージが変化した原因のトップは「日本製品は放射性物質に汚染されている危険があるから」という意見だった。

 海外での日本メーカーの製造品への安心度や信頼度の低下は、放射能汚染を懸念する風評被害によるものが大きいことが明らかになっているが、すでにその影響は日本企業の業績にまでダメージを与え始めている。

 例えば、帝国データバンクが4月下旬に日本全国の2万2240社を対象に実施した業績見通しに関する調査では、「2011年度は減収減益を見込んでいる」との回答が有効回答企業の33.2%となった。昨年度の実施調査では、減収減益を予想する企業は28.6%で、とりわけ今回の調査では、「2011年度に増収増益を見込んでいる」との回答企業が大幅に減少している。

 2011年度業績の下振れ材料のトップに挙げられたのは「東日本大震災による間接被害」で、加えて「外需の悪化」も大きな懸念材料に上った。
     ・・・ 続きを読む



技術で勝つべき日本が、技術を活かせる状況にないという、この刹那。
技術意外の面でも、観光やショッピングに来る人たちの足も遠のき、確実にダメージになるでしょう。

弊社も立ち直りつつはありますが、結局第一四半期でくらったダメージは、それをカバーできるだけの爆発的回復が無い限り予算未達。そもそも予算なんてきちんとした積み上げで作りつつ最終的に上乗せされるのが世の常ですから、いったん乖離したものはそう簡単に戻りません。
自社内だけの問題であればそれを解決するために一生懸命死ぬ気で寝ずにすればいいのですが、外部環境、とりわけサプライチェーンの一部や、お客様側のサプライチェーンの問題でどうにも動かないことがあります。

また(日本トータルとしてはいいのかもしれませんが)西日本の競合が強くなりそこがプレゼンスを増す。そうすると東日本に拠点のある企業は弱くなり、場合によっては淘汰が始まります。これはある意味競争原理ですから障害無いところでもありますが。

ということで、未曾有の経済危機ですが、6月恐慌、9月恐慌など、いろいろささやかれる中、サラリーマン含めて自分のできることをやっていくしかありませんね。


「イノベーションの少なくとも90%は、目的意識をもち、体系を基礎として、かつそれを身につけたものである。」

たまたま今日のドラッガーBOTで流れてきた言葉ですが、いろんな意味でのイノベーションが必要であり、それには目的意識(この場合は危機意識)をもち、体系化して、「全員」が身に着けないと乗り越えられませんね。


関連記事
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.06 Mon l 仕事的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tanshinbutsuyoku.blog.fc2.com/tb.php/144-16ff2483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。