おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
永田先生の記事を読みながら、なかなか記事でまとめられないなぁ・・と想っていましたが、やっとlogできます。
企画という仕事柄、日々発想が必要で、フレームワークも必要なのですが、ラッシュで仕事が舞い込んでくるともう限界・・とか感じたり。
もともと企画などは一日1~2時間が限界、という話もあり、効率よくポジティブに、そしていつも脳をフレッシュに保っておかないといけないですね。

誠 Biz.ID:プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:優れたアイデアマンは視点を変えられる――ロゴに隠されたメッセージ

最近、図解志向、プレゼン、発想術などについて講演することが多いのですが、その際に出席者に「思考の歯垢を取り除きましょう」と言っています。

 「思考の歯垢」とは、自分で作りあげた勝手な思い込み、前提、常識といったものです。子供のころは発想が豊かだった人も、世間の荒波にもまれる間に、エッジは丸くなり、アイデア発想の前に、実現性や前例などを考えてしまうようになります。

 しかし、スティーブ・ジョブズの言うように「Think Different」が大事です。ほかの人とは違っている考えこそ、価値がある。周囲が反対するアイデアこそ、大きな成功に結びつく可能性が高いのです。そうしたアイデアを持てるようにするために、私たちは、これまでにこびりついた「思考の歯垢」をキレイに取り除かねばなりません。
     ・・・ 続きを読む



FEDEXやVAIOのロゴに隠されたアイデアを記事にされています。
なるほど、発想の転換。
実は以前どこかの画像掲示板で同じようなもの(企業のロゴの変遷)を見たのですが、本当に企業のロゴというものは考えられているなぁ・・と想います。経営者の思想なのか、ライターの思想なのか・・ということもありますが、やはり物事にはこだわりを、そして永田先生が書かれているように「思考の歯垢」を取り除くことが重要です。

追記:一番かっこいいと思う企業のロゴあげろ - まめ速

誠 Biz.ID:プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:プレゼンのアイデアをマトリクスのパズルから考えてみる

問題点の改善に集中するのか、まったく新しい価値を提供するのかの違いはあれど、アイデアを効率的に作るためのツールは変わりません。

 私の場合、発想の道具として重宝しているものとしてマトリクス、マインドマップ、ブレストがあります。アイデア発想法は世の中に400種類以上あるといいますが、根本的な部分はさほど変わりません。アイデアはいきなり生まれてくるものではなく、何かに触発されて連想したり、何かの組み合わせによって新しいイメージができたりするものです。

 ですから、連想や組み合わせによる新しいイメージを促進させるための発想ツールを持っておくとなにかと便利です。私の場合は、それが先ほどのマトリクス、マインドマップ、ブレストなのです。

アイデア発展「3種の神器」――マトリクス、マインドマップ、ブレスト

マトリクスでアイデアを組み合わせる
マインドマップで自由に連想する
ブレストで他人のアイデアに触発される


アイデアを大量生産するために一番有効なのはマトリクスを使うこと。マトリクスは縦軸、横軸に異なる項目を設定して、その交点(つまり2 つの組み合わせ)からアイデアを発想します。どのような項目を設定するかが、アイデアが面白くなるかどうかのポイントです。
 縦軸と横軸に異なる要素を配置するマトリクスでは、その交点のセルに組み合わせから発想するアイデアを描き込んでいきます。要素がはっきりしている場合に向いているかもしれません。

 逆にマインドマップは、1つのアイデアやテーマから、連想するものをどんどんツリー状に描き加えて、放射状に展開するものです。中央から外に広がるため、連想の自由度も高い気がします。

 ブレストは、少人数によるアイデアミーティング。他人のアイデアをさらに発展させたり、他人のアイデアに触発されて自分のアイデアを磨き上げる点が、1人で考えるよりも新しい可能性を秘めています。
     ・・・ 続きを読む



マインドマップは過去の記事に書いた様に、日々活用しています。ただ、慣れすぎると自由になりすぎて途方も無い方向に行ってしまったり。で、最近は企画のメモ代わりに使うことも多くなっていて、図解思考としてのマインドマップ利用とはいえなくなってきています。
確かにマインドマップだけでなく、マトリクスを使ってある程度限定された情報の中で発想することも必要だし、それを一人ではなく数人で行うことで、いろんな発想が生まれてきますね。

マトリクスから突拍子のないアイデアが生まれる可能性が高い

 マトリクスは、縦軸と横軸の要素の組み合わせから発想するため、自由な発想を限定する反面、アイデアを思いつきやすいというメリットがあります。マインドマップが自由な連想による発想ツールだとすると、マトリクスは強制発想的なツールです。

 また、組み合わせる要素に意外性があればあるほど、従来にはない発想も可能となり、面白いアイデアが出てきます。「異種混合」によるアイデアアプローチには特にマトリクスが適しています。



残念ながら弊社は未だビデオチャットのインフラが整っておらず、いまだにテレビ会議で大勢対大勢ですが、ビデオチャットでマインドマップ、マトリクスを使ってブレストを行うと、非常に有意義なテレビ会議ができそうです。弊社では実現にはもう少し時間がかかりそうですがシステム部門に相談してみようかな。
あとシステム部門に相談した「社内ツイッターライクなしステム」も、実現すれば同様にブレスト状態が生まれそう。それを旨くさばく人、もしくはキュレーションシステムがあれば、クラウディーな全員参加型のブレストシステムができそうな気がしますね。

つい先日まで「どんどんリアルタイムで書き込まれていた」googleDOCです。

日本で働いている人がいる外資系Web&モバイル企業

ツイッターでつぶやかれた時には、瞬く間に書き換わっていっていました
(今日見てみたら、ちょっと動いてない・・・やっぱり飽きた??)
こういう使い方もできるんだなぁ・・とびっくりすると同時に、ツイッターというソーシャルツールのすごさを思い知った瞬間でした。

時代ですねぇ。


プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術



頭がよくなる「図解思考」の技術


頭がよくなる「図解思考」の技術


関連記事
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.05.18 Wed l 仕事的な情報 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

優れたアイデアマンは視点を変えられる――ロゴに隠されたメッセージ―【私の論評】イノベーションに必要なのは知覚だ!!
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。あるサイトをみていたら、思考を鈍らせないようにという趣旨で、いろいろな会社のロゴの隠されたメーセージをいろいろと解説しているものをみました。これは、いわゆる知覚が大事であるといことを言いたいのだと思います。私は、知覚に関しては、単に思考を鈍らせないようにするという程度のものではないと思います。もともと、日本人は、知覚に優れていました、そういして、イノベーションにもすぐれていました。今でも、特許件数などは世界一ですが、社会的イノベーションに関しては、不得意になってきたと思います。そのような危機感を感じるのは、私だけでしょうか?詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
2011.05.21 Sat l yutakarlson. URL l 編集
Re: 優れたアイデアマンは視点を変えられる――ロゴに隠されたメッセージ―【私の論評】イノベーションに必要なのは知覚だ!!
> ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

コメントありがとうございました。ブログ拝見しました。稚拙ですがコメントを残させていただきました。素敵なブログなので、また立ち寄らせていただきます。
2011.05.23 Mon l しーたーん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tanshinbutsuyoku.blog.fc2.com/tb.php/109-753ef1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。