おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
これってすごくないっすか!!!!????

確かに!って想いますが、実際にやってくれてるって感じ。
昔、欲しかったんですよね~学習リモコン。



iPhoneを赤外線学習リモコンにする『L5 Remote』がiPadに対応 - Touch Lab - タッチ ラボ

Dockコネクタに接続し、iPhone・iPod touchを赤外線学習リモコンとして使えるアクセサリー『L5 Remote 』のアプリがアップデートし、iPadに最適化されました。
『L5 Remote 』は、無料で公開されている専用アプリでボタンの位置・種類・機能を自由にカスタマイズし、複数の家電製品をコントロールするオリジナルリモコンを作ることができるアクセサリーです。



今回のアップデートにより、アプリが待望のユニバーサル化。
iPadの大画面によって、配置できるボタンの数が多くなり、またレイアウトの自由度が高くなりました。
リモコンのデータは、サーバー上で公開されているものをダウンロードして利用できる他、



一から自分でデザインすることもできます。
リモコンの信号を受信して登録できる「学習リモコン機能」によって、一般的なリモコン付き家電製品の多くを追加できます。

既にあるリモコンをそのまま置き換えてもいいですし、ボタンが多すぎるリモコンから使わないものを省いた「簡単リモコン」を作るという利用法もあります。

また、身の回りにあるリモコンをまとめて「全部入り」に挑戦してみるのもいいかもしれません。



リモコンがよく行方不明になる家庭では、とりあえずこれに登録して置くと、探す手間も省けます。
価格もレビュー時より下がってきたので、導入を検討するよい機会ではないでしょうか。
     ・・・ 続きを読む



タブレット端末やスマホが、いろんなものの代用になっていきます。
やっぱりすごいですね。

これでARやKinectとかと組み合わさっていったら・・・
考えるだけでワクワクしますが、そういうことは「えらいひと」にまかせましょう。


L5Remote iPhone/ipad/ipodがユニバーサルリモコンに!L5 remote(正規品)


web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2011.07.16 Sat l IT的な物欲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
REGZAフォンは充電が面倒。Docomo版はかっこいいチャージャースタンドが付属しているのにIS04は無し。なのでいちいちキャップを開けて差し込む。全くスマートなフォンではありません。

こんなもの欲しいです。



iphone用ですが、原理としては何にでも使えそうな気も。
ちょっと大きくなりますが、どうせカバーをつけるんでしょ?となれば、それをかねてどうでしょうか。
またついでにエクステンドバッテリーを搭載してくれると、超便利で素敵なんですけど。

如何でしょうか?


ノバック iPhone4専用ワイヤレス充電器 置満チャージャー NV-IC100



web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.05.26 Thu l IT的な物欲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スマートフォンとWifiで接続できるバッテリー駆動のHDDが出るそうです。

iPhoneやAndroidからWi-Fiで接続できる画期的なポータブルHDD「GoFlex Satellite」が登場 : ギズモード・ジャパン

これは画期的かもしれません。
iPhoneやiPad、Android端末から無線でデータをやり取りできるHDD「GoFlex Satellite」(500GB)がSeagateから発表されました。

バッテリーで稼働し、Wi-Fi機能つきのポータブルHDDドライブはこれまでに無かった製品です。

バッテリーの待機時間は25時間、スマートフォンなどの携帯端末の容量が少なくてもこのHDDを持ち運べば、動画や写真や音楽などのデータをいつでもどこでも見れるようになります。

価格は200ドル(約1万6千円)で、500GBのHDDの一般的な価格からはお高くなっております。

さらにiOS版のGoFlexアプリで、iPhone、iPadなどのモバイル端末からアクセスしデータのやり取りが可能です。Android版アプリも現在準備中で、今はAndroidからもWebブラウザ経由で利用可能です。
7月にアメリカで発売、グローバルでの販売は今年の夏後半を見込んでいるとのこと。

以下はプレスリリース抄訳です。

500GBの容量で、Wi-FIはIEEE 802.11b/g/n。充電可能なバッテリー。 この最新GoFlexシリーズのHDDで、ビデオや音楽や写真や書類などのライブラリを全て持ち運ぶことが可能になります。
このHDDデバイスには、iTunesやアップルのApp Storeから無償提供している「GoFlex Media」アプリケーションか、もしくはウェブブラウザから無線経由で直接アクセスできます。

GoFlex Satelliteは、(アメリカ国内で)Seagate.com、AmazonやBestBuyで200ドルで予約可、BestBuyの店頭には2011年7月に並ぶ予定です。
グローバルでの販売は今年の夏後半を見込んでいます。

パワフルなリチウムポリマー充電池を搭載、待機時間は25時間で連続ビデオ再生時は約5時間持続します。

・GoFlex Media アプリケーション

現在はiPad、iPhone、iPod touchなどのiOSで利用可能です。
GoFlex Mediaアプリケーションは、無線からHDDデバイスにシームレスに接続することができます。
Androidアプリは今年の夏までに利用可能になる見込みです。
ただし現在でもAndroidスマートフォンやタブレットからGoFlex Satelliteへの接続は、ウェブブラウザから可能です。

・Media Sync ソフトウェア

Windows PC、Mac OXのコンピューター用のMedia Syncソフトウェアは、無料で利用可能です。

さらに高速なUSB 3.0ケーブルから直接PCに接続も可能。
またUSB2.0でも動作するので手軽に利用することができます。


     ・・・ 続きを読む



確かに画期的なような気もするし、今ではDropBOXとかのオンラインストレージがあったりするし・・・でも容量がちがいますよね。自前だと500Gとか平気なのでいいと想いますし、セキュリティーが気になる人もオンラインストレージよりは安全っぽい(おき忘れに注意ですが・・・この辺も暗号化とかきちんとされるでしょう)気がしますし、タブレット系であれば動画サイズも大きくなるかもしれないし、案外と便利なのかもしれないとか。

まだDropBOXを使っていないのでスマートフォンとオンラインストレージのコンビネーション具合が良くわかりませんが、なんとなくいい感じがしますね。音楽・動画、そういったものをローカルのPCから解き放ちたい。そう想います。

web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.05.25 Wed l IT的な物欲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
とうとう買っちゃいました。スマートフォン。
REGZAフォンです。IS04です。

お店の人が対応良くて印象抜群でした。
てっきり売り切れで予約かなぁと思っていたら、
黒2台、白2台入りましたってことで、良かったです。
「タイミングが良かったですね」って言われましたよ。

今日も遅いので、勉強してから、またきちんとレビューやります。

おやすみなさい。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.04.04 Mon l IT的な物欲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうにも眠れないし、何か生活のリズムの狂ったまま。
火曜日から復帰できるのかなぁ・・という心配もあったり、
大切な相棒「RD-XS46」(HDD-DVDレコーダー、アナログオンリー)も、
先週からDVDダビング不可(移動のみ)になってしまってがっかり・・・
どちらにしても、7月までに地デジ機を買わないといけないのだけど・・・

なんだか心がモヤモヤしているときには、
書きたくて「もや」ってしていることを
とりあえず書いてみます。

よく知っている人には「なんだぁ、、今更、、」だし
あんまり知らない人からみれば「何言ってんだぁ??」だし、
どちらにしても、今の自分が判りうる範囲での、私見的日記になっていますけれど。

40代のおっさんのデジタルな生活って、どんなもんだろう。

こんな記事を見つけました。

タブレット端末がビジネスユースにも便利な8つのポイント+今後の改善点

iPadをはじめとするタブレット端末は、ゲームや電子書籍を楽しむための「おもちゃ」と捉えられがちですが、実は、ビジネスユースでも、ラップトップPCやノートブックよりも、優れた点がいくつもあります。

■タブレット端末のほうが、ラップトップ・ノートブックより勝る点

特に仕事で持ち運ぶ際、タブレット端末には、ラップトップPCやノートブックよりも多くの利点があります。

1: すぐに起動できる

ラップトップPCやノートブックは、シャットダウンの代わりにスリープモードにするといったワザを使わない限り、タブレット端末ほど速く起動したり、インターネット接続することはできません。タブレット端末なら、ボタンを押して画面を指でタップするだけで、アプリケーションをすぐに起動可能です。以前使ったことのあるネットワークの近くにいるか、3G対応のタブレットであれば、すでにインターネットにも接続されています。

2: バッテリー寿命が長い

iPadのバッテリー寿命は非常に長いです。モトローラのAndroidスマートタブレット『MOTOROLA XOOM』や『Galaxy Tab』もこれと遜色ありません。ネットブックの多くは、タブレット端末のバッテリー寿命の半分あればいいほうです。新型のMacBooksですらも、 iPadには太刀打ちできません。バッテリーを気にせずに端末を持ち歩きたいなら、タブレット端末はいい選択肢です。

3: 小さくて持ち歩きやすい

スクリーンサイズの小さいネットブックでも、バッテリーはけっこう大きいので、重さはなかなかのもの。電源アダプタも一緒に持ち歩くとなると、なおさらです。その点、タブレット端末は軽くて薄く、持ち運びに便利です。

4: 画面をみんなで見やすい

タブレット端末だと、異なる角度からも画面が見やすいので、多人数で一緒にスクリーンを見るのに適しています。たとえば打合せ中に、同僚やクライアントと資料を一緒に見るといったときに便利です。

5: 速い

処理能力は平均的なネットブックの3分の1ですが、iPadの軽量なOSでは、すべてがとても速いです。ネットブックの代わりにiPadを使いはじめたとき、アプリケーションがあっという間に立ち上がることに驚きます。複数のアプリでシステムがハマってしまう心配もありません。たしかに、iPadでマルチタスク機能がないのは不便ですが、これによってデバイス自体がスムーズに動いているともいえます。

6: ドキュメントに注釈しやすい

iPadは、PDFにメモをつけたり、注釈するのに便利。紙とペンでやっているかのような感覚で行えます。もちろん、ラップトップPCにもドキュメントを注釈する方法はいくらでもありますが、タブレット端末ほどシンプルで、直感的でフレキシブルなものではありません。


7: より安全

可能なかぎりHTTPSやSSLを使うべきなのはいうまでもありませんが、タブレット端末は、WindowsラップトップPCに比べれば、公衆無線LANからマルウェアの標的になりづらいです。

8: 気が散らない

マルチタスク機能がないのは確かに不便ですが、いい面もあります。それは、ひとつのことに集中しやすいところ。たとえば物を真剣に書くとき、 bluetoothのキーボードを使って書くことだけに専念できます。タブレット端末の設定を変更すれば、すべての通知をオフにすることも可能です。このテーマについては、ライフハッカーアーカイブ記事「仕事での集中力アップにiPadを併用してみる、というアイデア」でも採りあげています。


■タブレット端末の弱点を克服するコツ


もちろん、タブレット端末にも弱点はありますが、ちょっとした工夫でこれは軽減できます。

1: ハードウェアキーボードがない

ちょっとしたメモ程度なら、ソフトウェアキーボードでも問題ありませんが、本格的な仕事をするにはなかなか厳しい面も...。しかし、タブレット端末のほとんどは、Bluetoothキーボードに対応しています。ライフハッカーアーカイブ記事「iPadスタンドはどれがいい?」などでご紹介したような、安価なスタンドを利用すれば、ラップトップPCよりも省スペースなモバイルワークステーションが作れます。

2: ローカル保存やUSB対応がない

多くのタブレット端末では、サムドライブのためのUSBポートがありません。iPadでは、ファイルシステムを閲覧することすら不可能です。その結果、タブレット端末で作成したドキュメントにアクセスしづらくなっています。そこで、「Simplenote」やGoogle Docs、『Dropbox』や『iWork』などのサービスを利用すれば、他のコンピュータとの同期が可能です。


■タブレット端末が劣る点

多少の工夫を施したとしても、やはりラップトップPCやネットブックのほうが、タブレット端末よりも勝る点はあります。

1: ウェブブラウジング

ウェブサイトは、タブレット端末に最適化されておらず、リンクをクリックしたり、Flashを使ったりといった作業がなかなか面倒です。仕事でこれをやるとなると、タブレット端末は不便かもしれません。

2: 高度なドキュメント編集機能

たくさん書く場合、タブレット端末の「気が散らない」環境もいいかもしれません。しかし、多くのメニューにアクセスしなければならないような、高度な編集をやるとなると、ラップトップPCでフルバージョンのオフィススイートが必要になるでしょう。『TextExpander』のようなユーティリティやOfficeのマクロ機能なども同様です。たとえば、iOSデバイス向けのTextExpanderがリリースされていますが、どこでも動くわけではありません。また、Android向けの便利なテキスト拡張アプリは現状見当たりません。

3: 特別なソフトウェアの利用

タブレットに最適化されたソフトウェアを利用している企業や分野もあるようですが、まだ少数派です。あるプロジェクトで使うべき特別なソフトウェアがあるとしたら、そのためにWindowsマシンが必要になるでしょう。

4: 価格

そこそこのノートブックは250米ドル程度で購入できますが、iPadは最低でも500米ドル。『Xoom』はもっと高価です。


■結論:ワークフローに取り入れる努力をしてみる

米Lifehacker読者のBryanさんは、タブレット端末を仕事に取り入れるコツとして、次のような意見を述べています。

iPadは、生産性につながる可能性を持っている。ポイントは、日常に取り入れ、自分のワークフローを見直すこと。自分の場合、まず会議にこれを持っていくことから始めたが、1ヶ月経って便利なツールになってきた。もしタブレット端末を持っているなら、挑戦してみよう。



そうですよねぇ・・・ごもっともです。
それを使う、というわけではなくて、
ワークフロー・・・ライフラインのひとつとして取り入れればいいんですよね。納得。

未だ持ってないのですが、どうしてもほしいタブレット端末。
(あえて「ipad」とは言わないようにしようw)

環境としては、とりあえずWiMAXのモバイルルータがあるので、
(なぜか持っている)外付けの8時間バッテリーと組み合わせれば12-16時間は稼動できそう。
auキャリアとしては「htc EVO WiMAX ISW11HT」の様にテザリングができる携帯端末があれば、なをよろしいですけど、残念ながらISW11HTは自分好みではないんだよなぁ・・・

家に居る時は普通のノートPC。
今使っているのはお気に入りのHPのワークステーションモデルなので、
処理も早くて、画面が大きく使いやすい。でも長時間はやっぱり疲れる。
たまにはベッドやソファーで寝転びながらブラウジングしたい。
ってなときに、やっぱりタブレット型がいいですよね。

残念ながら携帯は4-5年前のものを使ってるので、携帯の役割しか果たせず、
小型の情報端末はipodtouchを使っています。
移動中の音楽・動画はこれですが、容量8GBなので、たくさんは入らず・・・
したがってタブレット端末等でオンラインストレージが使えると楽かも。
Bluetoothのワイヤレスヘッドフォンがあれば何かと楽ですし。

会社は会社のPC。セキュリティーの関係もあるので、ここは完全にセパレートですかね。
ただ会社のネット環境も、いまや社内はワイヤレスLAN、外出時はWiMAXなので、
昔の有線&PHS時代に比べると非常にストレス無く使える。
なので若干セキュリティー上不安ではあるけど、
ドキュメントやスケジュールは同期できる仕掛けがあるといいなぁ・・・
会社のスケジューラーはSAP上で動いているので、それをなんとか同期できると楽だし
(いちいち会社のPCを見なくていい)
ドキュメント類もオンラインストレージでおいておけば、どこでも何でもアクセスできたり。
もちろんセキュリティー次第で、今は怖くてできませんけど。

プライベートでは、ノートPCと。そのうち携帯をスマートフォンに変えて、
そしてタブレット端末を購入すれば一通りそろいますかね。

ドラマやバラエティーのテレビをよく録画して、見れないことが多いので、
7月までに買い換えるHDD/DVDレコーダーも、簡単にスマートフォンとかに転送・同期できるものがいいなぁ・・

この間みたGALAPAGOSの小さい方(5.5型)もよかった。
あれって小さいけど、その小ささが丁度いい具合。
3.5インチでは小さすぎて、9.7インチでは大きすぎて、その点これくらいが良い感じでした。
あの手元の小さい「ぽっち」(ボタン)が非常に使いやすかったし、
通勤などは、片手でつり革をつかんでいるので、いわゆる「めくる」動作がしにくいはずだけど、
あの「ぽっち」があればきっとサクサク読める。
朝、自動でダウンロード(配信)してくれるところもいい。


となると・・・考えただけでも怖いw

これらがそろうと、今まで聞いていた音楽、podcastに加えて、
新聞(電子配信)、録画したテレビ番組まで入ってくる・・・

先ず通勤。朝、駅までの間に音楽を聴く。
電車の中ではpodcastで英語の勉強変わりにNHK-WORLD-NEWSを聴く。
で聴きながら、GALAPAGOSで日経を読む。
帰りの時間は録画しておいたテレビ番組を転送したスマートフォンを見る。

通勤は駅~駅間が25分程度なんで、
これらを全部こなせない・・・考えただけでバタバタしそう。


これで帰りにプライベートで飲みに行ったりすると、
「どこにする~??」とかになると「ホットペッパー」「ぐるなび」とかで調べて、
店の当りをつけたら、早速ツイッターで評判を聞いたり、
最近では「PinQA」なんていうサービスもあったりして、
何か、ずっと端末を見ていそう。
とにかく忙しいんだろうなぁ・・・常に情報を集めているって感じ。

「Evernote」とか便利なものができてたりして、仕事面含めて、どこでも思いついたことをLOGできたり、
それをどの端末でも書けて、見れて・・・


実際に映画を見るのもネット予約、新幹線を予約するのもネット予約、
出張のホテル予約もネット予約。
店を調べるのも、家電のスペックを調べるのもネット。
本を買うのもDVDを買うのも、CDを買うのも最近では全部ネット経由だし、
現時点でもネットにかなり依存しています・・・

家に帰ればとりあえずネットでニュースを探したり、
こうやってブログを書いてみたり、新しい情報に触れてみたり、それを調べたり、
そうしているうちにテレビが始まって、その番組をWikipediaとかNAVERとかで調べて、
「あぁ・・こんな人が出てるんだ~」とか。
もうぐちゃぐちゃ。グーグルTVもこんな感じになるのかなぁ・・・


実は「そういうことを整理」したくて、このブログを始めたということもあって、
このブログのタイトルにもなっていますが、

「氾濫する情報」「沸き起こる物欲」

が、このブログの「オリジン」なんです。


さすがにSNSはやっていないけど、ブログ、ツイッターと、少しづつ始めたりなんかして、
40歳を超えてのデジタルライフって、ちょっとしんどい。
でも、一度入り込んでしまうと・・・ネット依存症・・・というより「情報中毒症」になってしまって、
どうしようもないですねぇ・・


Webには、便利なサービスがたくさんあります。
使いこなせば強い味方になります。
この間書いたクラウドに関する記事を思い出してしまいますが、
とにかく端末・ネット環境があれば、たくさんのサービスの恩恵を受けることができます。

Webサービス図鑑
配信元:

ToDo管理、スケジュール調整、文書作成、画像編集。誠 Biz.IDの「Webサービス図鑑」では、あなたの仕事を楽にしてくれる古今東西のWebサービスをカテゴリー別にまとめています。



これって、すごくないですか?


と、まとまり切れていませんが、今後、おいおいまとめていきます。

ユビキタス、シームレス、ロングテール・・・必要な情報は何なのか、
何を得ないといけないのか、または得るべきなのか、
その辺を自分で見極めないと、本当に情報に呑み込まれてしまいますねぇ・・・



web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.03.21 Mon l IT的な物欲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。