おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ここ一ヶ月以上、ブログの更新を控えています。
というより、ツイッター含めて、概ねプライベートな情報収集を控えています。

何のためにブログを始めたか・・・
氾濫する情報をどうやって処理することができるだろうか、
また、どうやってまとめて自分なりに咀嚼して発信できるだろうか、
Give&Takeのネットの世界で、少しでもGiveができれば・・・

そんな思いで始めたブログですが、
日ごろ仕事の忙しさ、生活環境の変化、
それと多少行き詰っている「ネット活用の模索」・・

そんな中、少し興味を持ったのは「つながること」

基本的にシャイで人見知りな私なので、
人と繋がることを避けている・・・なのにネットで何かを得て何かを発信したい。
そんなことに少し矛盾を感じていました。

そこで、多少アメブロでピグってました。

それはそれで、大きな感触を得ることができました。
新しい形。コミュニティー。もちろん、パブリックなものではなく、
そういうものが擬似的に会社経営に織り込めないだろうか・・・

個々がイントラの中でブログを持ってもいいのではないか・・・と会議で提案したこともあります。
職制関係なく、自分の仕事を発信し、共有化し、
プレゼンスを発揮し、それが仕事に関係していても、そうでなくても、
従業員数が膨大な数いる会社であればなおさら、
そういうコミュニケーションの形を模索していくべきではないだろうか。

メールのやりとりではあまりにも刹那すぎる。
一日50通以上のメールがやりとりされ、
そのうち真剣に向き合えるメールをどうやって判別するのだろう。
その判別する時間は、どれくらい金額換算で無駄になっているのだろう。

それがクリティカルなコミュニケーション手段を導入することで、
スマートに、ナチュラルに、そして誰もが主役として存在する、
バーチャルの様で、実体のある擬似オフィスの活用・・・

ある会社ではツイッターに似たシステムを導入したとのこと。
一時的混乱はあるにしても、なかなかいい感じで使えているらしいです。
まだまだブラッシュアップは必要でしょうけれど、
経営層~新人までの素直なコミュニケーション。

一昔前では考えられなかった職制間のやりとりも、
現代では、それが当たり前になるのかもしれませんね。

しかし、情報を何もかも上げることがいいのかどうか。
その辺が「キュレーション」という形での課題であり、
「リテラシー」という形での課題になるのでしょう。

きっと今ネットで起こっている様々な課題は、
そのまま継承して、イントラの中でも起こることなのだろうと思います。

支離滅裂な内容ではありますが、もう少しで答えがでそう。
(でもここからが長いんだよねぁ・・・)

ということで、もう少し休みます。

本日の記事は、自分への後押しと、そして有限実行の「有限」として。


web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2011.08.29 Mon l 雑記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
「もののみかた」というか、視点っていうか、
あまり今まで保険というものについて真面目に考えたことがなかったです。

こんなやりとりはいかがでしょうか?

――入院1日目から500円(!)の保険金が支払われる保険があったら入りたいか?

 「そんな保険、入っても仕方がない」

――「がん」にかかった場合、「治療支援金」として3000円が支払われる「がん保険」は?

 「金一封で3000円では気休めにもならない」

――では、向こう10年間、万が一の際に1000万円が支払われる保険ならどうだ?

 「1000万円というお金は、あると助かる」

――でも、その保険が1000万円で売られていたら入りたいか? 999万9999円ではどうだ?

 「冗談じゃない。10年間で1000万円支払うとなると、毎月の負担は8万円を超える。そんなに払えない」

――では、毎月2000円だったら?

 「子供も小さいし、それくらいなら入っておきたい」



保険の魅力とは、

1)有事に「まとまったお金」が受けとれること
2)そのために支払う保険料が、日常生活の中で負担できる範囲に収まること

となりますね。

さらに、もう1つ、重要な問いがあります。「万が一のことが、『20年後に起きる。その時、必要なお金は1000万円だ』と、あらかじめわかっていたらどうだろう?」というものです。

 その場合「向こう20年間の万が一に備える保険」に入る人などいないはずです。「20年弱で1000万円くらい貯金しよう」と考える人がほとんどでしょう。



そうなんですよ。

「まとまったお金」が必要になる事態が「いつ起こるかわからないこと」という2つのキーワードで保険を考えるべきなんですね。

CMで「入院保障一万円」とか、いいね!とか想いますが、
結局のところ「それをもらってどうするのか」という問いにたどり着きます。
最近では「最新医療保障」とかありますが、そういうのがいいのでしょうかね。
それより何より、他にきちんと投資した方がいいのかもしれません。

最終ゴールは「有事にお金を持っていること」なのですから。

「入院1万円保障」にだまされるな :保険会社が言わないホントの保険の話 :年金・保険 :マネー :日本経済新聞

web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.07.15 Fri l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、今日、銀河英雄伝説という映画を見に行きました。
映画、という表記は多少間違いです。
これは「舞台」を録画したもの。すなわち、「劇」を「スクリーン」で見ました。

それを見ながらいろいろ考えることがあったので、雑記でまとめてみたいと。

1.発端

先週、もうそろそろ見たい映画も溜まってきたと、TOHOシネマズのWEBページを見てみる。
そうすると、普段では予約できない(見れない)、週末日曜日が、見れた。
なんで?と見てみると、そこには、

「銀河英雄伝説 外伝ミッターマイヤー・ロイエンタール編(ブルーレイ上映)」

と書いてあった。

「なんで、こんな時期にこんなのやってるんだろう・・」

と想いつつ、先ずはその存在を知る


2.情報収集

で、数日が経ち、もう一度見てみる。
通常、TOHOシネマズのWEBでは、題名をクリックするとその内容に飛ぶ。
しかし、銀英伝は、何も書いていない。

銀河英雄伝説の公式WEBを見てみても、それらしいことは書いていない。
(もっとも、詳しくみなかったのだが・・)


3.ファン心理、そしてTOHOシネマズに対する信頼感から来る「錯覚」

情報が無いまま、「まぁ、ブルーレイ放映とあるし、何かあるんだろう」とか想いながら、
とりあえず購入。

・・?? 2700円?? 何か高いなぁ・・・
3Dとも書いて無いしなんだろう・・・

まぁ、いつもお世話になってるTOHOシネマズだし、ヘンなことはないだろう。
もしかしたら、特典付きとか・・・
VITで買ったらだめなのかなぁ・・・まぁいいや。受付で何とか言ってみようとか、
超御気楽モード。完全に疑っていない。

・・?? 前日だというのに、席があんまり埋まって無いなぁ・・
まあ、いいか。

ってな感じ。


4.驚愕の瞬間へ

そして、仕事を片付けて、いそいそとららぽーとへ。
VITでチケットを発券し、とりあえずカウンターへ。
普段はあんまりしないのだが、もしかしたら特典があったり・・という期待で、
ららポイントをもらいに並んだ。

で、受付の人に「なんでこれってこんな値段なんですか?」

・・・

・・・


・・・「あぁ、これって舞台ですから」


が~ん。

そうかぁ・・そういうことかぁ・・・


そう。そこですべてが理解できたのでした。

以前からTOHOシネマズでは、たまに舞台をスクリーン上映することがあって、
もしかしたら、頭の中に少しはあったのかもしれませんが、

「銀英伝みたい!!」
「TOHOシネマズだから、舞台なら舞台って書くよね」

という先入観ですべて消え去ってしまってた。

いや、もしかしたら未だわかんない。
受付の人はアルバイトっぽかったし、よくわからないのかも・・・
とか想いながら、ポップコーンとコーラを買って、スクリーンへ。

そして・・・

入り口に貼ってある上映内容のチラシをみて・・・・

そう。舞台(実写)でした。


4.反省点

やはり、情報というものは重要。
先入観を持って望んではダメ。
この御時世、絶対に何か情報はつかめたはず。
それを怠ったことは、絶対に自分のミス。

そしてTOHOシネマズで何も書いていないということに対して、
ポジティブに受け取ってはダメ。
それでも疑ってかからないと、というより、いろんな可能性を考慮しないと。

2700円を損した!!返せ!!っていうのではなくて、
内容もそれなりに楽しめたし、よかったとは想いますし、
この金額で、これだけのことを考えられたことは、よかったとポジティブに想わないと。

何か不明な点があったら、それを逃さない・妥協しない。
この姿勢は、今後の自分の仕事に絶対に生きる気がします。


5.その他

200人くらい入れるスクリーンに、たぶん20人以下。
とっても少ない。
VITで予約した時には、10席くらい埋まってた。
ということは、当日券を買った人は半分くらい。

銀英伝なんて、とっても狭いセグメントであり、ターゲティング。
私の様に「銀英伝大好き!」って人は、思わず買ってしまったりするのでしょう。
本当に舞台として見に来た人は、メジャーなのでしょうか。それともマイナーなのでしょうか。

そういえば女性が多かった。というより、男性は2-3人程度?
そういう意味では、舞台の役者さんのファンとかなのかもしれません。
しかし、銀英伝を知らないと、つらい内容だと想います。
ある程度コアなファンじゃないと、理解できにくいところがあったり。

一人で来ている女性、男性もいましたね。
男性は私と同じく、カン違いなのかなぁ・・と想ったり。
だって、ちょっとヘンじゃないですか? イケメン舞台役者の劇をオッサン一人で見に行くなんて。

もしTOHOシネマズが、わざと詳細を載せていなかったとすれば・・・
そんなことは無いと想いますが、これで宣伝をたくさんしていたなら、
もっとカン違いした人がいたのではないかと想ったりします。




というわけで、待ちに待った銀英伝、そして映画なんて見に行ってる場合じゃない仕事の状況、加えて霧雨の中、自転車でいそいそと出かけていったにしては、舞台だったというオチで、人に笑い話として話せたり、あと「噂の」銀英伝の舞台を偶然にも見られたこと、そしていろんなことを考えられたこと、と、様々入り混じって終了しました。
なかなかよい経験でした。

何か予告・告知っぽく、「次はオーベルシュタイン編です」なんていっていましたが、
それはそれで、ちょっと興味があったり(どこの部分をやるのかなぁ・・なんて)

しかし誰か一緒に行ってくれる人が居ない限り、多分オッサン一人ではいかないでしょうけど(苦笑)

*今回の感想等は、もう一つのブログにて書かせてもらいました。








web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.26 Sun l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
うちの子供がLEGO好きで、今まで結構面白いものをプレゼントしてましたが、
最近、とんと面白いものがなくて、「もうそろそろLEGOも終わりかなぁ・・・」とか想っていましたが、
なんのなんの。

5月から日本でも取り扱いが始まった「レゴ・アーキテクチャー」シリーズをご存じだろうか。米国の建築家アダム・リード・タッカーが作成したものをベースに、レゴのデザインチームがファインチューンして製品化した大人のためのレゴシリーズだ。

 レゴ・アーキテクチャーは、「建築家シリーズ」と「ランドマークシリーズ」に分かれている。前者は、近代建築の三大巨匠に数えられるフランク・ロイド・ライトやミース・ファン・デル・ローエの建築物などを製品化している。

 7月14日に発売されるのは、「ホワイトハウス」(7140円)や「ロックフェラーセンター」(4620円)のほか、ドバイにある160階建ての世界一高い超高層ビル「ブルジュカリファ」(3255円)の3製品。



Business Media 誠:大人向けのレゴに世界一高いドバイの塔




ホワイトハウスとロックフェラーセンター(出典:レゴ・ジャパン、LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group.(c)2011 The LEGO Group.)

なお、5月19日に発売された第1弾では、「グッケンハイム美術館」(5040円)「カウフマン邸・落水荘」(1万1550円)「ファンズワース邸」(7350円)「スペース・ニードル・タワー」(2625円)「エンパイヤ・ステート・ビルディング」(2625円)がラインアップされた。



既にこんなのも発売されていたなんて・・・うかつだった・・・



レゴ アーキテクチャー カウフマンズ邸・落水荘 21005
レゴ アーキテクチャー ブルジュ カリファ 21008
レゴ アーキテクチャー ファンズワース邸 21009



さらにさらに・・・

レゴ史上最も長い、ダース・ベイダーの「スター・デストロイヤー」発売予定 : ギズモード・ジャパン



全長約1.3メートル、重量約3.6キロ。これまで発売されたレゴシリーズの中で最長の「エグゼキューター級スター・デストロイヤー」。9月1日から400ドル(約3.2万円)で発売されるらしいです。


なんとも。すごい世界です。
早速帰ったら家族に報告しなきゃ。




最後にご参考。

このクオリティはすばらしい…外国人がレゴで作ったジブリ作品いろいろ:らばQ

なかなかの苦労が見受けられます。







web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.22 Wed l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
睡眠というものについては、いろいろと考えることがあります。

まず「眠るのはもったいない」「できることなら眠りたくない」「その間にいろんなことができるし」ということが第一に思い浮かびます。夜そのものが好きですし。

第二に「自分はショートスリーパーである」と「思い込んでいる」フシがあります。実際に心身ともにそれで大丈夫なのかどうかはわかりませんが、概ね土日を除く平日5日間の平均睡眠時間は4時間を切っていると想います。

第三に「睡眠は大切だ」という相反的な想いも持っているということ。睡眠時に記憶の整理が行われるという記事をよく読みますし、また当然「心身ともに健康であるため」「仕事時に100%頭を動かすため」には、十分な睡眠が必要だと「頭」では理解しているものの、その事と「やりたいこと・やらなければならないこと」の天秤をうまくコントロールできないのも現状。

そして最後に「どうやったらゆっくり眠れるのだろう」とか。なかなか寝付けないという体質もあり、十分な睡眠が取れている感覚を持てずに、なんか「もったいないなぁ」「せっかく寝るんだから上質な睡眠をとりたい」とか我儘を想ってしまったりします。

過酷な状況で培われた睡眠の工夫 眠れないITの現場(前編) :日本経済新聞
睡眠はどこまで削れる? 眠れないITの現場(2) :日本経済新聞

に、睡眠に関する工夫等が書かれていますので、ご紹介します。

齋藤泰彦さんは1年前まで、眠れないことに悩んでいた。仕事柄、多忙な時期は1日に3~4時間しか睡眠時間を確保できない。さらに問題なのは、寝付けないことだ。「布団に入ると、プロジェクトの課題が頭に浮かぶ。早く眠らなくてはと焦っているうちに朝になり、そのまま出社することがしばしばあった」(齋藤さん)。
 そんな状態が続いて生産性が落ち、このままではダメだと考えた齋藤さんは、睡眠を工夫することにした。睡眠に関する本を何冊も読み、自分に合った枕を購入したり、眠りを促すアロマを試したりした。そうした試行錯誤の末、齋藤さんにとって効果の高い方法にたどり着いた。それは腹式呼吸である。



結局自分にあった「何かのシステム」を創り上げることがポイントの様です。
一種の暗示みたいなものかもしれません。


グッスリ眠るための行動習慣  グッスリ眠るには、就寝前の行動が重要である。エルムの澤邊淳さんとNTTデータの山田綾紗さんはどちらも、パソコンや携帯電話など光源になる物を見ない、腹筋やストレッチなどの軽い運動をする、ということを習慣化し、睡眠の質を高めている。


といっても仕事を持ち帰ると必然的にパソコンの画面を見ることになるので、自宅のパソコンを撤去した。不便ではあるが、「仕事を持ち帰れないので、オフィスでの集中力が増した上に、自宅で休息に専念しやすくなった」(澤邊さん)。さらに、寝る前に腹筋やストレッチなどの軽い運動をするようにした。運動によって一時的に体温を少し上げることで、眠りやすくなる。その効果を狙った工夫である。これらの行動習慣が定着してから、澤邊さんは「布団に入るとすぐ眠れるようになり、途中で目が覚めることがなくなった」。


強い光が目に入り続けると、睡眠を促すホルモンの分泌が妨げられるため、就寝の3時間前からは部屋の照明を間接照明に切り替え、パソコンの画面など光源になる物を見ないようにした方がいいとのことです。
まぁ、実際に自宅からパソコンやスマートフォン・携帯電話を排除することは現代の生活では不可能であり、よっぽどの勇気と強制的なシチュエーションがないとできませんけどね。
また、アルコールやカフェインの摂取を避けること(アルコールには眠りを促す作用があるが、体内で分解される過程で、眠りを浅くしてしまう)、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは、覚醒作用があるので、寝付きが悪くなり眠りを浅くするため、深夜0時に寝る場合は「アルコールは夕飯まで」「カフェインを含む飲料は午後3時まで」が理想的とのこと。


<別記事>asahi.com: コーヒーでなぜ目がさえる? - ののちゃんのDO科学

小学生にわかるように「なぜコーヒーで眠くならなくなるのか」を解説してます。


しかしながら、コーヒーでは眠くならないという記事も見たことありますし(第39回 コーヒーは本当に眠気覚ましに効くの?[後編] | web R25)、これもやはり「暗示的効果」が大きいのかもしれません。


体内時計についても良く言われますね。

体内時計は24時間刻みではない
 人の体内時計は、不思議なことに25時間のリズムを刻む。つまり放っておくと、体内時計の針は毎日1時間ずつ遅れて、どんどん宵っ張りになるわけだ。そうならないように朝、日光を浴びると、体内時計の針が1時間進んでリセットされる。
 遠藤医師は、「朝は遅くとも10時までに日光を浴びることが重要だ」と指摘する。10時ごろまではメラトニンという睡眠ホルモンが分泌される。その間に日光を浴びると、体内時計がしっかりとリセットされるのである。だから、睡眠不足で眠くても、10時までにいったん起きて日光を浴びることが大切だ。



休日でも早く起きるなど、きちんとしたリズムをつくることが必要とのこと。
確かにそうでしょうけれど・・・それができない環境にあるから、こうなっているという側面もありますよね。悲しいことに。
平日はグダグダなので、せめて土日くらいは・・とか、金曜の夜くらいは飲みに行かせてよ・・とか、それが人間の性っていうものです。


強い光を浴びてスッキリ目覚める  スッキリ目を覚ますには、強い光を浴びることが必要だ。NTTデータの金子崇之さんは、自宅の寝室に取り付けた高照度照明機器の光を浴びて起床し、さらに犬の散歩がてら朝日を浴びることを習慣化している。

金子さんの寝室には、朝日があまり差し込まない。そこで寝室の照明を、強い光を放つ「ASSA」(パナソニック製)に替えた。ASSAはタイマー設定によって、指定時刻から徐々に光が強くなる。この機能を使うことで、明るさによって自然と目が覚めるようになったという。しかも、「まぶしいので二度寝をする気が起こらなくなった」(金子さん)。
そうして目を覚ますと、外に出て朝日を浴びるために、犬を連れて15分ほどの散歩に出かける。この散歩の間に、眠気がスッキリ消えるという。



そうか!そういう手があったか!と想いましたよ。
よく「太陽の光をあびて、身体をリセット」とか聴きますが、「そんなのできるような健康な心身だったら、こんなに睡眠で問題起こしてないつーの」とか想っていましたが、こういう照明を利用するという手もありましたね。
この部分はとてもロジカルな感じがして参考になりました。


よく言われるのは、睡眠時間は90分感覚を考えるとよいとか。
レム睡眠との関係を良く聴きますね。

睡眠周期を考えて、就寝時刻を調整  ウルシステムズの植田昌司さんは、起きなければならない時刻にちょうど浅い眠りの状態になるように、1時間半の睡眠周期を考えて就寝時刻を調整している。

まず睡眠のメカニズムをつかさどる「体内時計」について知っておきたい。体内時計とは、朝に目覚めて夜に眠くなるといった生理的なサイクルを生み出すもの。その実体は、脳内の「視交叉上核(しこうさじょうかく)」を中心とするいくつかの器官である。この体内時計が他の器官に働きかけて、夜になると「メラトニン」などの睡眠ホルモンを分泌させる。そして朝が近づくと、睡眠ホルモンの分泌を徐々に減らし始め、代わって「コルチゾール」などの覚醒ホルモンを分泌させる。



 これは体内時計による1日のサイクルだが、睡眠中も小さなサイクルが生じる。
図Aは、ある人の睡眠の深さの推移だ。約1時間半の周期で、眠りが深くなり浅くなることを繰り返している。人は誰でも、このような睡眠サイクルを持っているという。「平均的にはほぼ1時間半の周期で、多少の個人差がある」(遠藤医師)。
図Aのグラフをよく見ると、睡眠サイクルの波形が右に進むにつれ変化していることに気付く。睡眠の第1・第2サイクルは深い眠りが多く、第3サイクルから徐々に深い眠りが減り、浅い眠りが増えている。

 眠りは深いほうがいいと思うかもしれないが、それは間違いだ。「深い眠りと浅い眠りには異なる役割があり、どちらも重要である」(遠藤医師)。

 深い眠りの主な役割は、脳と体の休憩・回復。浅い眠りは、記憶の整理や心のメンテナンスだという。つまり眠った後の3時間(第1・第2サイクル)は主として脳と体の休憩・回復が行われ、その後は記憶の整理や心のメンテナンスが中心になる。

 そのため3時間しか眠らないと、記憶の整理や心のメンテナンスが全く足りなくなる。4時間半(第1~第3サイクル)でも不足気味であり、休日に6時間(第1~第4サイクル)の睡眠を取って補うと、どうにかバランスが取れるという。

 ただし「平日は4時間半、休日は6時間」は、これ以上減らすと続かないという下限値である。日中に強い眠気を感じる場合は、1時間半刻みで睡眠時間を増やすとよい。



あとは昼寝のことが書いてあります。昼寝をきっぱりやめて夜眠るか、きちんと昼寝をしてすっきり仕事するか。
私は最近ではきちんと「昼寝」する様にしています。といっても本当に「ぐーすーかー」と寝ているわけではなくて、食事を終えてから椅子でとりあえず目をつぶる。そうすることで頭をすっきりさせて、昼からの仕事に移るという「イメージ」を作っています。これも暗示かも。

最後に、よく想うことですが、普段寝ていないので休日に寝だめするとか。論理的に不可能とわかりつつ、ついつい長く寝てしまったりしますが、これも否定されています。

多忙期に備えて“寝だめ”すべきか
 来週からプロジェクトが猛烈に忙しくなる。この週末は十二分に睡眠を取れるチャンス。いつもより長い睡眠を取り、“寝だめ”をしておくべきか――。
 その答えはノー。多忙期に備えて、睡眠時間のストックをしておくことはできない。翌日の日中に眠くならない程度の睡眠を取れば、あとはどれだけ長く寝ても同じ。それどころか下手に長い睡眠を取ろうとして、いつもより早く寝ると、夜中に目が覚めて体内時計が乱れかねない。睡眠は適度に取るのが肝要だ。
 ただし睡眠不足(睡眠負債)は、チャンスを逃さず積極的に解消すべきである。今、睡眠不足の状態だと感じたら、早く寝て多忙期に持ち越さないようにしよう。


休日に睡眠不足を解消する場合、長い昼寝は我慢して、夜早く寝るのが望まく、次善の策は、朝にいったん起きて完全に目を覚ました後、二度寝や昼寝をすること。この方が昼まで寝るより、体内時計が乱れにくいとのことです。

まとめますと、

1)眠るには自分のスタイルを確立して「こうしたから眠れる」と自分に暗示をかける
  コーヒーなんてもってのほか(という暗示をきちんと回避する)
2)明るい光を起床時にあびて、体内時計をリセットする。土日も同じ。
3)睡眠は90分をサイクルとして考える
4)昼寝はきちんとするか、しないかはっきりする(これも暗示)
5)寝だめはできない(あたりまえ)

ということのようです。
なんか、結局暗示に近いものが多くて、なるほど感もありますね。
睡眠薬とかでも「効く・効かないという科学的効果」より「飲んだという事実による暗示的効果」の方が勝ったりしますから、結局のところ「気の持ちよう」ということで。

最近土日も「ひきこもり」で太陽の陽を浴びない週末が続いているし、ちょっと考えないといけないかなぁ・・

失礼致しました。

web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.06.11 Sat l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。