おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
TEDの記事を以前書きましたが、超人気記事「TEDを200本見て気づいたプレゼン5つの黄金律」を見て「なるほど」とか、プレゼンに関することもさることながら、TEDってやっぱり英語の勉強にもなるんだ・・と想い、感動しました。

仕事柄プレゼンの機会も多いのですが、やはり機会が多いと雑になりがち。それを「慣れた」と絶対に勘違いしないこと。それを言い聞かせている自分ですけれど。

TEDを200本見て気づいたプレゼン5つの黄金律nshoji.com | nshoji.com

・・・前略 最初は英語の勉強のつもりで見始めたものが、いつのまにか習慣になり、毎日寝る前に必ず2~3本のプレゼンを見るようになった。
もう半年前から続けているから、少なくとも200本以上のプレゼンを見たことになる。どれも刺激的でアイデアに溢れ、その多くが「死ぬまでには解決できそうもない問題」に取り組んでいる。(でもどうにかなるんじゃないかと思わせてくれる。)

さて、多くのプレゼンを見ていると、いくつかの共通項があることに気づく。
20分という短い時間の中で(3分のものもある)、人々の考え方を完全に変えてしまうようなプレゼンをするにはどうしたら良いのか。
本エントリでは、5つにまとめて紹介するとともに、理解を深めるために象徴的なプレゼンを一つずつ例として貼付けます。
皆さんの何かの気づきになってもらえれば幸いです。
     ・・・ 続きを読む



超人気記事だけあって、超納得感満載です。

1.パーソナルな体験を語る

2.物語で始める/物語を語る

3.テーマを一般化する

4.シンプルなコンセプトに落とし込む

5.倫理的な主張をする

というのがポイントですが、それぞれに解説があってとても納得感です。
具体的な内容から抽象的な内容への以降という、ちょっと普通の考え方とは違う感じですが、確かにひきつける時にあまり抽象論から入っても聴衆は聞いてくれないし、わかりやすい具体的な内容から始めるのがいいでしょう。その後壮大なストーリーに展開し、大きな倫理的主張をして終了。なるほど。弊社内で使えるかどうかは別にして、そういうプレゼン内容を心がけたいです。
ちなみにTEDはAndroidのアプリにもなっています。もしご興味あれば。

TEDを200本見て気づいたプレゼンハック5つのプロセスnshoji.com | nshoji.com

参考動画











web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.26 Thu l 仕事的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。