おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
数日ぶりに関東に帰ってきました。
明日からまた仕事とは、とほほなことです。
しかも計画停電・・・夜なので、やっぱり明日は飲んで帰るしかないかぁ・・・

で、とうとう衝動買いでヘッドフォンを買ってしまいました。Bluetooth。
ipodtouchを聴きながら通勤しているのですが、
付属のイヤフォンではすぐに耳から取れてしまい、カナル式のものを買って使うのですが、
性格がガサツで、会社に入る前に、ipodtouch本体に「ぐるぐるっ」と巻きつけて、
そのままカバンのポケットに入れます。結構パンパンに入っているので、
満員電車なんかでは結構中に入っているものにダメージが。
で、いつもイヤフォンの端子の部分が接触不良(というか、多分線が切れかかっている)を起こし、
寿命がとっても短い・・・というものです。

で、先日もそうなってしまい、ずっと欲しかったのですが、
やっぱり今度買うならBluetooth・・・と考えており、
でもお金がなぁ・・・と思っていたら、意外と安くて思わず・・・



メーカーページ:BSHSBE07シリーズ

なかなかおしゃれっぽい(?)充電スタンドも付いてて、
そのまま差し込んで充電できるっていうのは、忘れがち&ものぐさな私にはうってつけ。
使った第一印象は・・・「もっさい」「パッドでかい(耳からはずれやすい)」でしたが、
使ってみて、意外と早くなじんでくれました。
もう型落ち? しかも音質はむちゃくちゃいいってわけではないのかもしれませんが、
ワイヤーがレスってるっていうのは、ある種の開放感です。

少し古い記事ですが、Bkuetoothヘッドホン特集ってのがありましたので、ご参考まで。
これから結構使う場面が増えるのではないでしょうか?(スマートフォンとか)
聴きたいときだけ聴く。いちいちプラグに差し込むのも面倒だし・・・って感じで。

iPhoneでも使える! “今が買い”のBluetoothヘッドホン徹底聴き比べ
配信元:日経トレンディネット(一部中略)

 iPadやiPhone 4がこの春から続々と発売され、人気を博している。これらの機器に標準搭載されている便利な機能の一つが「Bluetooth」だ。PCや携帯電話、携帯音楽プレーヤー、カーナビ、ヘッドホンなどさまざまな機器間を無線でつなぐ技術で、音楽や音声、PCファイルなどのデータを伝送できる。

 ここ数年で、携帯電話のBluetooth対応もかなり進んできた。NTTドコモ、au、ソフトバンク各社の上位シリーズであれば、 Bluetooth非対応の機種の方が少ないくらいだ。こうしたBluetooth対応ケータイが増えてから、「Bluetooth対応ヘッドホン」の人気がじわじわと上がっている。

 BluetoothヘッドホンならiPhoneやケータイとヘッドホンをつなぐケーブルが不要になり、快適に音楽を楽しめる。楽曲再生中に電話を着信したり、自分から発信して通話することも可能だ。

 使ってみるとかなり利便性が高いことが分かるBluetoothヘッドホンだが、どう使えばいいのかと戸惑う人も多いことだろう。そこで今回は、Bluetoothヘッドホンの導入方法から機種比較まで、徹底的に紹介していきたい。

●Bluetoothヘッドホンなら楽曲再生も通話も手軽


Bluetoothヘッドホンならワイヤレスで音楽を楽しめる

 Bluetoothヘッドホンの魅力は、ズバリ「ワイヤレスで音楽を楽しめる」点にある。接続ケーブルが不要なので、通勤・通学電車の車内でもケーブルに煩わされることなく音楽を楽しめる。ケーブルが何かに引っかかってプレーヤーを落としてしまったり、まとめたケーブルがからまってしまうといったトラブルからも解放される。

 通話に対応しているのも大きな魅力だ。今回紹介するBluetoothヘッドホンはもれなく携帯電話のハンズフリー通話にも対応している。一般的なヘッドホンの場合、再生中に電話の着信があってアタフタしてしまうことがある。だがBluetoothヘッドホンなら、着信時にボタンを押すだけで再生から通話にワンタッチで切り替えられる。携帯音楽プレーヤーなら、Bluetoothヘッドホンにこだわる必要はそれほどない。だがiPhoneやケータイで音楽を楽しみたいという人には、「ハンズフリー通話ができる」というのが大きなメリットになる。
 とても便利なBluetoothヘッドホンだが、いくつかのデメリットもある。一つは圧縮音声になってしまうということ。音声のビットレート(転送レート)は最高でも320kbps程度なので、非圧縮のリニアPCMなどで音楽を楽しんでいる人には向かない。ただし一般的な128kbps程度の mp3やAAC音楽を聴いている人なら、Bluetoothの音声圧縮による音質劣化を感じることはない。
 もう一つは「音声の遅れ」だ。Bluetooth接続の場合、約0.2秒ほどの音声の遅延が生じてしまう。音楽だけを聴いている場合には全く気にならないのだが、動画再生時には画面の口の動きとセリフがずれて聞こえる場合がある。iPhoneでゲームをプレーする場合も同様だ。特に「音ゲー」(『太鼓の達人』や『Dance Dance Revolution』など、タイミングに合わせて操作する音楽ゲーム)の場合、正常にプレーできないほどの遅延が生じてしまう。音ゲー以外では、若干の違和感がある程度と言える。
 最後に挙げられるのが「バッテリー駆動時間」だ。Bluetoothヘッドホンは内蔵バッテリーで駆動するため、定期的な充電が必要になる。この点は一部のノイズキャンセリングヘッドホンを除き、一般的なヘッドホンにはない特徴だ。バッテリー駆動時間は機種によってまちまちだが、だいたい数時間程度の連続再生は可能なので、2~3日に1回程度充電すれば通勤・通学の使用で困ることはないだろう。


●Bluetooth機器を使うのは難しい?

 Bluetooth機器が登場してから10年近くが経過したが、普及がなかなか進まない理由の一つに「設定が難しい」という“誤解”がある。確かにBluetooth機器は、機器同士を最初に接続する際に「ペアリング」という作業が必要になる。これが「Bluetoothは難しい」と思わせてしまう最大の要因だ。

 ペアリングには説明書で定められた手順の作業が必要になるが、決して難しいものではない。例えば、

・ヘッドホン側のペアリングボタンを長押ししてペアリング状態にする
・プレーヤー側のペアリングボタンを押してペアリングを完了

このような作業をするだけだ。場合によっては指定されたPINコード(パスワード)を入力しなければならないこともあるが、説明書に従えば戸惑うこともない。プレーヤーやケータイのBluetooth機能をオンにしておけば、ヘッドホンの電源を入れるだけで自動的にペアリングが完了して音楽を聴けるようになる。


●Bluetoothって何?

 BluetoothはPCやカーナビ、ケータイなどさまざまな機器同士で音声やデータなどをやりとりできる通信機能のこと。PCからワイヤレスで文書を印刷したり、ヘッドホンで音楽を聴いたり、PC同士のデータ送受信などにも使える。最近ではBluetooth対応のワイヤレスキーボードやマウスもかなり増えており、PC周辺機器として一般的になりつつある。

 Bluetoothには、接続する機器ごとに「プロファイル」と呼ばれる通信プロトコル(手順)が標準化されている。ハンズフリー通話なら「HSP(Headset Profile)」と「HFP(Hands-Free Profile)」、音楽用なら「A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)」や「AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)」、マウス・キーボードをPCに接続するなら「HID(Human Interface Device Profile)」といった具合だ。これらのプロファイルに対応している機器同士が接続できるようになっている。

NTTドコモのBluetooth対応機種紹介ページ。各機種がどのプロファイルに対応しているのかが詳細に分かる。例えば「Xperia SO-01B」は音楽再生やハンズフリー通話ができるが、PCモデムとしては使えない(「DUN(Dial Up Network)」プロファイルに非対応のため)。一方「BlackBerry 8707h」は音楽再生に非対応だが、PCモデムとしては使えるといった具合だ


どんな機器でBluetoothヘッドホンを使えるの?

携帯音楽プレーヤー、スマートフォン、携帯情報端末、携帯電話


Bluetoothヘッドホンは大きく3種類に分かれる

 大前提として、Bluetoothイヤホン&ヘッドホンには3つの種類がある。1つめが「ネックバンド型&耳かけ型ヘッドホン」で、2つめが「カナル型イヤホン」、3つめが「オーバーヘッド型ヘッドホン」だ。


耳にガッチリと固定して外れにくいネックバンド型&耳かけ型ヘッドホン

 3つのタイプの中で最もBluetoothヘッドホンらしいのがネックバンド型&耳かけ型ヘッドホンだ。ネックバンド型というのは耳から首の後ろにかけてアーム(ネックバンド)が伸びているタイプのヘッドホン。耳かけ型は左右のヘッドホンがケーブルでつながっているタイプだ。ネックバンド型も耳かけ型も、耳にかけて使用する。

 ネックバンド型と耳かけ型のメリットは、「耳に固定しやすい」という点にある。Bluetoothヘッドホンはケーブルにわずらわされないため、ジョギングなどの運動中にも音楽を楽しめるという利点がある(ただし歩行中や運動中は周囲の音が聞こえにくくなるため、細心の注意を払ってほしい)。

 特にネックバンド型は頭を強く振っても外れることはまずないほどガッチリ耳に固定してくれるので、運動中に音楽を楽しみたい人はこのタイプがお薦めだ。ただしネックバンド型の場合、収納しにくいというデメリットがある。ネックバンドを折りたためるタイプならカバンにしまいやすいが、そうでないモデルは外出時に持ち運ぶのはお勧めしにくい。

 耳かけ型は、ネックバンド型からネックバンドを取ったようなスタイルだ。ヘッドホンの重さを首に分散できないため、ネックバンド型ほどガッチリ耳に固定される感覚はない。だが着脱しやすく収納しやすいというのがメリットとなっている。

ケーブルが邪魔になりがちなカナル型イヤホン

 携帯音楽プレーヤー用のイヤホン・ヘッドホンとして最もポピュラーなカナル型イヤホンだが、ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンとしては若干使いづらい部分がある。それは構造上どうしてもケーブルが必要になるためだ。

 カナル型イヤホンは耳の穴にイヤホンを挿入するタイプで、Bluetoothで音声を送受信するレシーバー部とイヤホンはケーブルで接続される。このため、レシーバー部とプレーヤーとの接続ケーブルは不要になるものの、ほかのタイプに比べてワイヤレスのメリットが享受しにくい。

 レシーバー部には洋服などに装着できるピンが付いているモデルが多いので、ワイシャツのポケットなどに装着すれば快適に音楽鑑賞できる。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「MW600」のようにイヤホン・ヘッドホンを取り替えられるモデルなら、好きなヘッドホンをワイヤレス化できるというメリットもある。

 ワイヤレスのメリットは比較的得にくいが、ケーブル接続の一般的なイヤホンと同じ使い勝手で音楽を楽しみたいという人にはカナル型イヤホンもお薦めだ。


音楽の世界に没頭しやすいオーバーヘッド型ヘッドホン


 音質を追求する人に人気なのがオーバーヘッド型ヘッドホンだ。Bluetoothヘッドホンでは決して主流のタイプではないものの、各社からいくつかのモデルが出ている。

 オーバーヘッド型もネックバンド型と同様、耳に固定しやすいのがメリットだ。ドライバー(ヘッドホンのスピーカー部)を大型化しやすいので、音質面でも有利になりやすい。耳に乗せる「オンイヤータイプ」はその限りではないが、音漏れがしにくいという点も魅力の一つとなっている。音漏れしにくいということは、ヘッドセットとして通話に利用する際にも便利だ。

 ヘッドホン本体がほかに比べて重いことや、真夏の暑い時に使いづらい点がデメリットにはなるが、音質を追求したい人はまずオーバーヘッド型を検討してみてもいいだろう。



使ってみるとやっぱり便利。あとはバッテリーが持ってくれれば言うことなし・・って感じです。
そのうちタブレット端末も買いたいし、スマートフォンも買いたいし・・・
そうなればちょっとは活躍の場も増えるかな~

今回買ったヘッドフォン
BUFFALO ステレオイヤホン Bluetooth 2.1対応 ACアダプタ付 ブラック BSHSBE07ABK

そのほかオススメのBluetoothヘッドフォン


単身赴任の皆さん、ぜひトライしてみてください!


web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
2011.03.27 Sun l IT的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。