おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
知り合いから、

「攻殻機動隊の映画があるんだって」
「新宿のあるビルが公安9課にハックされるんだって」

とか言われて、ファンとしてはびっくり。
早速調べたら、どうやらSolid State Societyの3D版とのこと。
もう大分前にANIMAXで見ていたものです。

とっても、ファンとしては興味深々。
しかし、オッサン一人で行く訳にもいかず、
また田舎者の私にとっては「バルト9」なるものが、
どういうものやら・・・(苦笑)

from 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』

『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』
それは、観る人を電脳化する3D

『攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D』劇場用ポスター © 攻殻機動隊製作委員会​情報ネットワークと
サイボーグ技術の発達により
人々の意志が電脳で繋がれた未来

複雑化する犯罪の根を事前に探し出し
これを除去する
攻性の組織が設立された

内務省直属の独立部隊
『公安9課』
通称──『攻殻機動隊』である

全ての事件の根底にある
『SOLID STATE』
それが指し示す、この国の未来

神山健治監督作品
『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』
その問題を、解決してはならない。


西暦2034年。長崎出島の難民武装蜂起事件から2年余り。「梵」の刺青を入れた男たちが相次いで不審な自殺を遂げる事件が発生。 "個人的推論にのっとった捜査方針"を貫くバトーは1人事件を追っていた。その陰に失踪した少佐が絡んでいるのではないかと考えて...。バトーの地道な捜査により、「梵」の刺青は元シアク共和国最高指導者カ・ルマ将軍への忠誠を示すもので、自殺した13人はシアク共和国の特殊工作員たちであることが判明する。

新浜国際空港に突入する公安9課 © 攻殻機動隊製作委員会​軍事独裁国家のシアク共和国は、今では国自体が崩壊し、日本はその難民を受け入れたばかりであった。そのシアク共和国の独裁者カ・ルマ将軍の嫡子カ・ゲル大佐が偽造パスポートで国外逃亡を図り、新浜国際空港で逮捕。取り調べに応じたカ・ゲル大佐が無差別テロの計画について供述をはじめると、彼は突如、人質をとって空港に立てこもる。それは茅葺政権にとってアキレス腱となりかねない事態だった...。

公安9課捜査会議 © 攻殻機動隊製作委員会​事態の収拾を図るべく、公安9課が立てこもり事件の鎮圧に動き出した。草薙素子という精神的支柱を失った9課は、従来の少数精鋭による活動の見直しを迫られ、荒巻課長の下で組織の拡大を図り、現在では20名以上の隊員を抱えるまでになっていた。それはかつて少佐たちと分かち合った理想──自らの信ずる正義をなす攻勢の組織でありつづけようとの想いからであった。

傀儡廻の拠点 © 攻殻機動隊製作委員会​隊長に就任したトグサは、バトーの地道な捜査によって13人の刺青男の自殺と今回の立てこもり事件に関連を見い出し、カ・ゲル大佐を追い詰める。ところがカ・ゲルは「傀儡廻が来る!」と謎の言葉を残し、拳銃で自殺を遂げてしまう。その様子を監視する一人の女がいた。──草薙素子。彼女は数種類のリモート義体をまるで傀儡のように操り、事件の裏側で密かに暗躍をつづけていたのだった...。


予告編リンク

さて、見に行くべきかどうか・・・
で、2/25のイベントもどうするべきか・・・(出張だし)
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2011.02.20 Sun l アニメ的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。