おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近、今更ながら中国がマイブームなので、その関連の記事を数件。

レコードチャイナ:「わいろ告白サイト」、インドに続き中国でも開設―中国紙

2011年6月11日、南方都市報は、インドの「わいろ告白サイト」をまねた中国語サイトが誕生したことを伝えた。

BBCなど大手通信社が報じて話題となっているのが、インドのウェブサイト「I PAID A BRIBE」(私はわいろを贈った)。民間非営利団体(NPO)団体の運営で、自分がどんな時にわいろを支払ったのかを匿名で投稿することができる。

南方都市報によると、「I PAID A BRIBE」を模倣した中国語サイトがすでに2つも誕生しているという。「昨日、税務局局員6人に食事をおごり、500元(約6190円)を支払った」「農村にある自宅を修復するのだけど、村幹部に5000元(約6万1900円)とたばこを贈った」などの書き込みが早速集まっている。

もっとも情報提供者の安全が本当に守られるのか、不安に思う人も多いようだ。集まった情報の多くはネット掲示板の告発を転載したものでしかない。あるネット掲示板では、中国でわいろ告白サイトは成功するのかという議論があり、中国ではネット検閲もあるし、みんな逮捕を恐れて書き込まないだろうとの意見が寄せられていた。
     ・・・ 記事を読む



確かに、中国でのビジネスは、人・コネクション・金と言われていますが、実際にこういうサイトが成功するのでしょうか。こういうサイトに書き込みする人は、どういう層なのか・・・しかし現実としてその国の商慣習というものをある程度理解する必要もあり、こういうことを考えてビジネスストーリーを組む場合もあるのかもしれませんが、より一層「日本の視点からみた」コンプライアンスが重要になってきますし、気をつけないといけませんね。

レコードチャイナ:欧州大腸菌騒動、ついに感染源を特定=中国由来の菌との報道...

2011年6月10日、ドイツ保健当局は、ドイツ北部を中心に大きな被害が出ていた腸管出血性大腸菌・O104の感染源をスプラウト(新芽野菜)と特定したことを発表した。11日、環球時報が伝えた。

ドイツ北部を中心に猛威を振るっているO104被害。10日までに確認された死者は31人に上った。キュウリ、トマト、レタスなどが感染源の候補にあがったが、感染源特定の遅れにより大きな風評被害を生み出すこととなった。

感染源特定により風評被害の解消が期待されるが、ドイツメディアの報道によると、ドイツ国民の多くはいまだに懐疑的な態度を示しており、警戒心を解いていないという。また、先日はあるドイツ紙が「中国産のアズキ種子からもやしに大腸菌が移った」と報道している。
     ・・・ 続きを読む


こりゃまた、こういう結論に持っていくのね・・という記事。
確かにいろんな意味で安全性確保の問題があるとは言え、そうだからここに落ち着かせて済むものでもありませんよね。グローバルな観点からして、こういう課題は「しかるべきエライ人」が速く解明すべきであり、その元を断つことはあたりまえのことながら、流入しないようにするにはどうしたらいいか、どういう対応・処置をすればいいのかを速く周知・徹底させる必要があります。放射能のデマ(と想いたい)もあっというまにグローバルな風評被害に広がりましたが、過剰にならずきちんと対応できる全世界コネクションが重要です。ネットワークはそれなりのパワーを持っているのですから、インフラは(いい意味でもわるい意味でも)整っているので、あとは結果・具体論ですね。

レコードチャイナ:中国人に反感抱く人が急増、日本人への好感は急増―香港

2011年6月10日、香港大学民意研究計画によると、中国市民に反感を抱く香港人の割合が12ポイント上昇し28%に上ることが分かった。

それによると、中国本土の市民に対するイメージは23%が「好感が持てる」と答える一方、28%が「好感が持てない」と回答した。中国本土の政府に関しては、22%が「好感」を持ち、25%が「反感」を抱いていた。

日本の市民に対する「好感」を感じている割合は60%に急伸し、前回調査との比較で25ポイントも上昇した。専門家は、東日本大震災で同情心が生まれたものと見ている。
     ・・・ 続きを読む


日本に同情心を持ってもらうのはありがたいことですが、やはり「香港人」「台湾人」「中国人」という区別は、各人にあるようで、現地で話しをしていても、日本で中国のお店に行って話しても、中国語の先生と話をしても、そういう話題は良く出ます。
歴史的過程ということもあるのでしょうけれど、同じ国(という意味合いがそもそも無いのだと思いますが)なのに、反感を持っていたり、違う民族だと想っていたり、そういう感覚ってもちろん日本ではなかなかないですね。
九州地方の人が東北地方の人を「嫌い」とか「民族が違うから」とか想うことは先ず無い(関西人が関東人を「いや」ということは、上記の意味合いとは大分違うレベルであるかもしれませんが)と想います。
その辺の習慣・思想も良く理解して、中国の皆さんとはお付き合いしないといけませんね。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
2011.06.13 Mon l ニュース的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。