おはようございます!

ようこそ当ブログへお越しくださいました。
いろいろなものを取り扱っております。

もしよろしければ兄弟ブログ「単身という立場の楽しみ方」もお立ち寄りください。


兄弟Blog「単身という立場の楽しみ方」(しーのBLOG)最近の記事

RSS表示パーツ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日経営関係の講習会を終えて、一通りアカウンティングから経営戦略まで復習しました。
さすがにグロービスの先生方はすごいですね。グロービスのセミナーは二回目だったのですが、迫力が違います。

というわけではないのですが、こんな記事を。

マクドナルドとモスバーガーの違いを ポーターの『戦略論』で解き明かす|新聞記事から学ぶ経営の理論|ダイヤモンド・オンライン

前略
今回は、このマクドナルド(会社名:日本マクドナルドホールディングス)と、そのライバルであるモスバーガー(会社名:モスフードサービス)を取り上げ、両社の強み、特徴をマイケル・ポーターの『3つの基本戦略』で解説してみます。

 さて、ここで質問です。皆さんはマクドナルドとモスバーガーの商品数がどのくらいあるかご存じでしょうか。また、一番安いハンバーガーはそれぞれいくらか分かりますか。

 主力商品のハンバーガー類の商品数はマクドナルドが14種類、モスバーガーが31種類です(5月現在のレギュラーメニュー)。

 同じハンバーガーショップでありながら、モスバーガーの方が2倍以上も商品数が多いのです。ハンバーガーの最低価格は、マクドナルドは100円でモスバーガーは160円です。価格差はわずか60円ですが、比率でいえば1.6倍も開きがあります。
     ・・・ 続きを読む



マイケルポーターさんについては、wikipediaあたりで見ていただくとして、結論として、

『3つの基本戦略』
 1)コストリーダーシップ戦略
 2)差別化戦略
 3)集中戦略

の戦略のとり方の違いであり、互いに戦略をきれいに踏まえて経営しているために、マクドナルドはコストで、モスバーガーはニッチ/高品位で成り立っているというものです。

コストリーダーシップ戦略と差別化戦略の大きな違い

①コストリーダーシップ戦略は、業界全体を対象にして、低コストを最大の武器として業界の主導権を握る戦略です。

②差別化戦略は、業界全体を対象にして、他の企業が持たない特徴を生かし、業界内で特異な地位を占める、という戦略です。

③集中戦略は、特定の地域や特定の消費者など、特定のセグメントに資源を集中した上で、コストリーダーシップか差別化を推進する戦略です。

 マクドナルドとモスバーガーは、マクドナルドが①コストリーダーシップ戦略、モスバーガーが②差別化戦略を取っています。両社は業界内のライバルでありながら、別々の戦略を実行し、お互いに高い収益性を誇っています。

 両社の戦略の違いを詳しくみてみましょう。先ほどハンバーガー類の商品数がマクドナルドが14種類、モスバーガーが31種類とお話ししました。

 マクドナルドはハンバーガーの種類が少ないですが、種類が少ないということは、コスト的にはどうでしょうか。コストを抑える要因になります。材料の種類も少なくて済みますし、ハンバーガーを作る作業、オペレーションもいく分、楽になります。ですからコストを抑える要因になっていて、ハンバーガーを安く提供できています。

 一方のモスバーガーは種類が多いので、コスト的には高くならざるを得ませんが、その代わり、豊富なメニューを取り揃えて、消費者の多様な好みに応えることができます。

 ここで注意していただきたいのは、コストリーダーシップ戦略で品質をまったく無視していいわけではない、差別化戦略でコストをまったく無視していいわけではない、ということです。当然ですが、いくら100円といっても、そこそこ美味しくなければいけませんし、いくら美味しくて種類がたくさんあっても、ハンバーガーが何千円もしては、やっぱりなかなか買いづらいものです。



マーケティング論としてのSTP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)等で、より細かな分析ができるのだと想いますが。
ちなみにセミナーでの競争戦略についてのケースは「レナウンとオンワード」の比較論をやりました。

マイケルポーターさんの戦略論で比較的私の様な素人でも良く使うのは、バリューチェーンとファイブフォースですけれど、「この2つと3C分析が戦略論の基本筋だ」と教えられました。PESTとかPPMをやるより、その3つをきちんと解析すること。なるほどと想いますが、どうしても「思考の歯垢」が溜まっていて、はじめはPESTして、とかSWOTしてKSFを出して、とか考えてしまいますね。マーケティング論ではちょっと細かくやりましたが、経営戦略の講義ではこの3つを考えて課題をグループワークしました。8-9個の課題で、1つに2-3の事例があったりしてとにかく大変でしたが、こういうケーススタディーはとても参考になります。

ちなみに喫煙者なのでマクドナルドには最近行っていません。まだモスバーガーの方が分煙してるんですけどね。この記事とはちょっと違ったり。
特にお気に入りはモスバーガーの「とびきりチーズバーガー」
もうこれ最高。普通はBLTとかいろいろ挟んだ系が好きなのですが、これだけはチーズだけで十分。

読んでおかなくてはいけない一冊。今度買って読まなくちゃ。

経営戦略の巨人たち―企業経営を革新した知の攻防


経営戦略の巨人たち―企業経営を革新した知の攻防







web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.18 Wed l 仕事的な情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。